• ホーム
  • アイピル (I-Pill)服用後の後遺症

アイピル (I-Pill)服用後の後遺症

笑っている女性

アイピル(I-Pill)は緊急避妊薬です。
緊急避妊薬とは、性行為の後に行う避妊です。

避妊というと性行為時に行うイメージがありますが、性行為時に避妊が失敗することがあります。
たとえば、コンドームをしようしても、途中でコンドームが外れてしまったり、破れてしまった場合です。
なかには、男性がコンドームをつけるのを嫌がったり、性犯罪に巻き込まれて強姦されてた場合もあります。

そんなときに使うのが、緊急避妊薬です。

緊急避妊薬は、性行為後の24時以内に服用すれば、約95%の確率で妊娠を防ぐことができます。
72時間以内に服用すれば約75%の確率で妊娠を防ぐことができます。
性行為後に服用するのが、早ければ早いほど妊娠を防ぐことができます。

アイピル(I-Pill)は緊急避妊薬の一種です。
薬ですから服用後の後遺症、副作用があります。
下腹部の痛み、吐き気、頭痛などが主な症状です。

この薬を服用した後に起こる後遺症の多くは、妊娠初期に起きるものと似ています。
副作用の大半は、ホルモンバランスの変化によっておこります。

嘔吐などの症状は、エストロゲンというホルモンによるものです。
また、乳房緊張感やむくみ、体液の貯留などを訴える人もいます。

人気記事一覧
サイト内検索